不便なのに居座るワケ。~総集編1~

 

こんにちわ!
いつか飼い犬と話ができるのではないか?と思い込んでいる(笑)、ももこです!

今回は、『不便なのに居座るワケ』シリーズの最終話として、お話しさせてくださーい♪

田舎暮らしに必要なもの

田舎暮らしに必要なもの。
やっぱりどこへでもスイスイ行ける、『車』ですかね!

でも車は車でも、車体のおっきいものではなく、できる事なら小回りの利く、小さめカー。

細い道もたくさんありますからね。

『自転車』なんてツールも、あると便利。
お天気の良い日や、ちょっとそこまで、なんて時は、自転車が気持ち良い。

ついでに運動不足も解消。

強いて言うなら、車ぐらいですかね?
田舎暮らしだからと言って、そんなあれもこれもと必要な物はナシ!
大丈夫です♪

田舎暮らしの特徴

田舎って、意外と『世間は狭い』と感じる様な場所でもあります。

私の住む実家は代々から伝わる家ではないので、親戚関係は、他県にいたり、違う市にいたりバラバラなのですが。
昔から地元に住まわれている方は、隣も親戚、あそこも親戚、とあちらこちらに関係者が存在しています(笑)

私が若かりし頃…まだおばあちゃんも一緒に暮らしていたのですが。
それは学生時代の夏休み。
髪の色を、物凄く明るくした時があったわけです。

おばあちゃんからひと言
「そんな頭で…おばあちゃんは恥ずかしいよ泣」と…

時代が違うので、理解に苦しかったのでしょう。

悪く言ってしまうと、『世間体が悪く』、『噂がすぐに広まる』といった感じです。

でも、それは私がまだ学生だったから。

大人になれば何を言われることもなかったので、余程の事ではない限り、周りは騒ぎ立てませんし、
そもそも気にしているのは、おばあちゃんだけだったのかもしれません。

ご近所とのお付き合い。
時に煩わしいこともありますよね。

だから、つかず離れずで良いのです。

今だからこそ、ソーシャルディスタンス!
程よい距離感を保ちながら、自分たちの暮らしやすい環境を作りあげればOKなのです。

今日のまとめ。

同じ日本なのに、色々と文化が違うのが不思議ですよね。

時に不公平さを感じてしまったり、面倒さを感じたり。

でもどこで暮らそうと、自分らしく過ごせたら、それが一番。

各エリアで様々な違いがあって、どこが自分の肌にあっているかな?
なんて、自分探しもできそう♪

次回は、続きをお話ししますね!

ではでは~☆

2020-10-22|タグ: , , , , , ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です