週末はサーフィン三昧!セカンドハウスを持つなら南房総がおすすめな理由

朝起きてカーテンを引くと、目の前にはまばゆい海。目を細めて波をチェックしたら、ボードを持って駆け出す。サーファーなら誰もが夢見る生活ではないでしょうか。そんな願望を現実にしてくれるのが「セカンドハウス」です。サーフィン移住者が増えている房総半島ですが、実はセカンドハウスを持つのがひそかなブームになりつつあります。中でも南房総が人気の理由を、おすすめのサーフポットやグルメにちなんでご紹介します。

鴨川エリアはサーフポイントがいっぱい!まずは波を偵察

日本のサーフィンの発祥地、人気の前原&東条海岸

鴨川の人気サーフスポットといえば、美しい前原海岸のシーサイドと、今はなき食堂の名を譲り受けたマルキの2つです。シーサイドは特に歴史が長く、日本のサーフィン発祥地としても知られています。コンスタントにブレイクがあるため、来れば必ず波に乗れるのも嬉しいポイント。長く通う上級者も多いので、大胆なライディングを眺めるだけでもワクワクします。マルキも鴨川では定番のポイントで、県外からも大勢のサーファーがやってきます。サイズが上がるとチューブになることもしばしば。場所によってはリーフが出ることもあるので注意が必要ですが、初心者から上級者まで楽しむことができます。

紺碧の波に身も心も洗われる静かな部原海岸

ハワイを思わせる青い海が広がる部原海岸は、サーフィンの世界大会も開かれたことのある日本有数のポイントです。周囲に高い山がなく、抜群の開放感を味わうことができます。岩盤と砂が混じっていて地形が決まりやすく、高い確率で良い波に出会えることから、リピーターも多くいます。水質もよく、天気が良い日の透明度にはため息が出るほど。関東有数の漁港でもある勝浦市街が近いので、新鮮な魚でできた郷土料理の「なめろう」や、勝浦のご当地グルメ「勝浦タンタンメン」を食べて帰るのがおすすめです。

おおらかな雰囲気がリラックスを誘う千倉海岸

鴨川から海岸沿いにぐんぐん南下して、悠然と構える山々を右手に見ながら田舎町を抜けると、千倉海岸が目の前に飛び込んできます。鴨川や勝浦のような派手さはなく、どこか牧歌的な雰囲気があり、のんびりとサーフィンを楽しみたい人にはおすすめです。他のエリアに比べると海水温度が高いので冬も入りやすく、波もそこまで高くないので初心者でも安心して入れます。また、千倉の隣には千歳や白渚などの上級者向けポイントもあるので、時間を変えてサーフィンホッピングもできそうですね。

ランチスポットにも困らない!行きつけのお店を見つけよう 

前原海岸から歩いてすぐのカレー専門店「カレーハウス さつき」

朝から海に入ると昼前にはお腹がペコペコ。そんな時は安くてボリュームのあるカレーはいかがでしょう?前原海岸から歩いていける「カレーハウス さつき」は元々洋食屋だったこともあり、カレーのほかにパスタ、グラタン、ハンバーグといったバラエティ豊かなメニューがズラリ。どれも太鼓判の美味しさですが、ここに来たらやはり一度は絶品のカレーを食べてみてくださいね。目印は鮮やかなイエローの壁と一階にある立て看板です。 

少し贅沢するなら鴨川自慢の鮨屋「と貝」

美味しい地魚が食べたくなったら、車を10分ほど走らせて鴨川の鮨の名店「と貝」へ。壁一面の窓ガラスからはのどかな田園風景が見渡せて、店内は整然としつつも温かみのある雰囲気に包まれています。お客さんと楽しそうに笑顔で話す女将さんの姿がローカルから愛されている何よりの証拠。房州近郊でとれた地魚寿司のほか、天ぷらや茶わん蒸しなどの一品料理はミシュラン顔負けの美味しさなので、お寿司と一緒にオーダーしてみよう。

海を見ながらパンケーキも食べられる「Sound Swell Cafe」

千倉海岸の目の前という好立地にある南国風のカフェ「Sound Swell Cafe」に来たら、パンケーキを食べながら午後のひとときをゆるりと過ごしてみよう。サーフィン後の疲れた身体にしみわたる糖は何よりの栄養チャージ。 小さいながらオープンテラスもあり、目を閉じて風を感じると、まるでハワイにいるような錯覚を起こします。このお店でしか購入できないハワイアンコーヒーを飲みながら、特別感を満喫してみてください。

週末は都会を離れてセカンドハウスで過ごすライフスタイル

サーフィン移住が増えている房総半島

千葉は「海なし県」に住むサーファーたちにとっては、神奈川に続く移住先の第一候補といってもよいでしょう。しかし、湘南界隈に住もうと思うと、東京よりも高くつく可能性があります。その点、房総半島なら家賃相場は東京の約半分とお値打ちの上、外洋に面した町には屈指のサーフポイントが数多くあり、簡単に移動できるのも魅力のひとつ。また、海水浴のシーズンを除けば観光客もほぼおらず、湘南ほど混みあうこともありません。軍配が房総半島に上がるのも納得ですよね。

別荘よりセカンドハウスがお得な理由

まずは別荘とセカンドハウス、この2者の違いをはっきりさせておきましょう。別荘は高原や海辺などにある保養のための別宅で、短期的に過ごす目的で使われます。一方、セカンドハウスは週末を家族でゆっくり過ごしたり、平日でもリモートワークで日常使いするなど、いわば「第二の家」と考えておけばよいでしょう。セカンドハウスは別荘よりも利用頻度が高いため、あまり行かないからもったいない、という思いをすることはありません。また、セカンドハウスは購入の際セカンドハウスローンを利用できるほか、固定資産税や都市計画税の減税措置があり、別荘よりハードルがグッと下がります。今は仕事も家も複数持って、その間を自由に行き来する、そんな時代なのです。

「贅沢」の視点を変えて毎日ワクワクしよう

 「贅沢」とは必要以上の消費を意味します。これまでは「多く持つ」ことがステータスで贅沢とされていましたが、そんな大量消費の時代はすでに終焉を迎えています。今世界は国連が採択したSDGs(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)を達成させるために、「サステナビリティ」や「エシカル」を軸としたものづくりへと転換しているのです。身の回りをすっきりさせて、自然とともに生きる喜びをプラスする人生こそ、真の「贅沢」と言えるかもしれません。自分軸ではなく地球軸で行動を起こすと、毎日が輝き始めますよ。

おわりに

 鴨川に移住して以来、この土地の素晴らしさを毎日感じています。人生は長いようであっという間。だからこそ、自分らしさを表現できるライフスタイルを選んで心から良かったと思います。地元の人たちは親切でフレンドリーなので、会うたびに立ち話が長引きます(笑)。移住先として推薦してはいるものの、秘密にしておきたいような気もしますが(笑)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です