どこに移住しても良し悪しは必ずある、それは房総であっても同じ

移住は下調べしすぎないで、思い切りが大切

こんにちは、千葉房総の魅力を発信するツトムです。

イベント情報などtwitterInstagramの更新もやってますので、ぜひそちらもご覧ください!

「移住したいけどよく分からなくなってて決断できない」そんな方も多いのではないでしょうか?

どうしたら、自分の求めている情報を整理して、移住を決断できるのだろうか。

この記事では、ずるずると決断できない理由などをご紹介いたします。

★この記事のポイント

  • 決断できないのは移住後のリスクばかりに目が向いているから
  • 深く考えず現地に一歩踏み出す勇気がとても大事である

どこに移住しても良し悪しは必ずある。それは房総であっても同じ。

どこに移住しても良し悪しは必ずある、それは房総であっても同じ

一生に一度の移住生活だから、リスクを少なくするためにも、良い面も悪い面も一つひとつ残らず調べておきたい。

その気持、とてもわかります。

「もし、現地に馴染めなかったら」とか「自分たちの暮らしに合わなかったら」など、二の足を踏んでしまうケースも多いかと思います。

人生の分岐点となる移住だからこそ、悪い面は程々に「なにごとも良し悪しはある」と思い切る気持ちが大切です。

考える時間をできるだけ少なくする工夫が重要で、いきなり移住に不安を感じるなら、ショートステイで宿泊しながらイメージをつけるなど、現地で合う合わないを体感する経験が良い決断生むのだそう。

”夏休みの間は家族で房総にステイして、一度も家に帰らない”という思い切りも良いかもしれませんね。

情報を入れすぎると大事な決断のときに迷う。

人は3択にされると選びやすいと言われているのはご存知ですか?

決断する内容が多ければ多いほど、アレはこうだから…、でもコレも必要だからと決められないケースがほどんどです。

しかも、ひとりで考えているときほど陥りやすい。

考えている悩みや紙に書いてまとめたり、友達に相談したり、現地の移住者にアドバイスをもらう方法で、あっさり決断できるなんて事例も多いのだとか。

もし周りにアドバイスを求められる方が居ない場合には、房総半島に住む私たちにご相談いただくのもひとつの手だと思いますよ。

移住を決断するのは危険と思い込んでいる場合も多く、行動すれば結果的に何とでもなかったと、不思議に感じる場合も多いように感じます。

現地に触れて心が動いたら、後は思い切りが必要。

現地に触れて心が動いたら、後は思い切りが必要

迷っているときほど、考えても仕方ないと現地に触れて判断する方法が移住成功の秘訣だと思います。

余計な思い込みは忘れて、体を動かして行動したときほど、良い流れを感じる場合が多い。

不便さを感じて、このネガティブな意見ばかり考えていても、生活の不便さは何も変わりません。

でも、それ以上に現地で体験することで得られる経験や思い出がきっかけで豊かな暮らしができると感じたら、不便さはリスクで無くなります。

移住でおこる出来ごとの一つひとつを、楽しんでやるくらいの思い切りがあると、移住の本質が見えてきますよ。

些細な部分が気になっても、ポジティブに気持ちを切り替えて進めば移住が成功する!

周りの価値観に合わせすぎてしまい二の足を踏んだ結果、後から後悔する経験ありませんか?

些細な部分が気になって、インターネットを検索したり、ネガティブものばかりに目を向けるよりも、実際に現地にいる方や移住成功者の声を生で聞いてもらうのが大事です。

千葉房総ぷらすむは、Webカメラを使った通話やLINEなどでのオンライン移住相談もおこなってますので、気軽に相談してみるのはいかがですか?

投稿者プロフィール

ツトム
ツトム
ニッチな市場にどっぷりつかってる人より、その市場全体を客観視できて、詳しくない人にも翻訳して伝えられる人になりたい。
2020-09-01|タグ: , , , , ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です